スポンサードリンク

巨大ロブスターで巻き起こった大騒動

巨大ロブスターが話題になっているのはカナダ。

推定100歳で体重10kgのこのロブスター、画像は以下の通りです。

巨大ロブスターの新聞記事画像

画像の元記事はカナダの新聞で、リンクはこちら。



Bidding war for Big Dee-Dee
The ChronicHerald CANADA



このニュースの内容はAFPニュースでも配信されていて、
なぜか画像はタイの伊勢エビ料理の画像です。



これは誤解を与えるけれども、
話題になっているのはザリガニに似ている
オマールエビといわれるタイプです、伊勢エビ系ではありません。

でも、記事内容は同じなので、AFPBBニュースのそれから転載します。



「ビッグ・ディーディー(Big Dee-Dee)」と命名されたこのロブスターは、体重が10キロにも及ぶ。7月初頭にファンディ湾(Bay of Fundy)で捕獲され、現在はニューブランズウィック州Shediacの鮮魚店「ビッグ・フィッシュ(Big Fish)」に展示されている。

 店主のデニス・ブルー(Denis Breau)氏によると、数週間の内にオークションで売却するという。



・・・ということで実際、現在オークションが行われています。

入札〆切は2008年8月8日と末広がりの好い御日取り(笑)なのですが、
そこに問題が巻き起こっています。

その理由はやはり、あまりにも大きくて希少性が高いこと、
その希少性と推定年齢に敬意を表して、
動物愛護団体が大騒ぎを演じていることにあります。


 インターネット上の請願の他にも、カナダ西岸のバンクーバー(Vancouver)に住む女性が、動物愛護団体「バンクーバー・ ヒューメイン・ソサエティ(Vancouver Humane Society)」や国際動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(People for the Ethical Treatment of Animals、PETA)」に協力を要請したという。


・・・えびの助命請願、単に子供の発想で請願するのなら
かわいそうという気持はわからないでもないのですが、
政治的な臭いがしないでもないのがちょっと気になります。



 バンクーバー在住のローラ・リア・ショー(Laura-Leah Shaw)さんは、公営カナダ放送協会(CBC)に出演し、ロブスターを食べることは野蛮な行為だと訴えた。

「煮え立った湯の中に投げ入れられるなんて、とても苦しく痛いこと」とローラさんは述べ、オークションで競り勝ってロブスターを海に返すため、巨大ロブスター「ビッグ・ディーディー」の支援者らに対し「お金をためておこう」と呼びかけた。


・・・この論理だと今回のことに限らず、
エビやカニを熱湯でボイルすることはすべて野蛮だとなります。

日本人の食生活を色どるゆでエビもゆでカニもすべて野蛮。
ハマグリやサザエの貝もそのままゆでるのは残酷となりかねない。


スーパーで売ってるむき身の海老だって生きたままゆでて、
その皮をむいてからパック詰めしたものがほとんどです。

衛生を考えたら生きたうちに丸ゆでするのは当たり前、
ご先祖様は何千年も前からやっている行為です。
新鮮なうちにボイルするからおいしい海老を食べれるのです。


ところでオマールエビと伊勢エビ、どちらがお好みですか?
味がこまやかなのは断然伊勢海老だと思うけど、
オマールエビの淡泊な味は調理のしがいはありますよね。

食べくらべて見るのも一考かも知れません。


送料無料!冷凍オマールエビ5尾セット(1尾/300g前後 )最安1尾当たり¥1,596  %OFF 0620ま...



凝縮した旨みと絶妙なボイル加減は職人技!プリッとした身にかぶりついて下さい!2尾以上購入で...


オーストラリア ボイルドロブスター 3尾セット【別送】☆オーストラリアおみやげ

お値段、やはり安くはないですねえ。(^_^;)

この話題のロブスターくんはBigDee-Deeという愛称までついて
しばらくは市場を賑わしそうです。


 18日までにオークションで提示された最高額は、オンタリオ(Ontario)州在住の女性の3500カナダドル(約37万円)で、ロブスターを海に返す考えだという。



 ・・・すごい値段ですね。
ちなみに相場は1kgあたり9ドルとのことで、
10kgのロブスターなら本来は90ドル。

 珍しいからとご祝儀相場がついてもその数倍で、
300ドル〜400ドルが普通でしょうから10倍の価格です。

オークション終了時には2倍の値段になってるんじゃないかと
持ち主のレストラン経営者はびっくりしているそうです。

どうなるのかな。

海に返したらまた誰かにつかまるから、
愛護を叫ぶのなら水族館を作って飼うというのが
本当の筋かも知れませんね。
スポンサードリンク
posted by osakanasan at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | エビやカニのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103290023

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。