スポンサードリンク

大物マハタが京都の居酒屋で食べれるそうです。

小笠原まで行けばかなりの大物が釣れるそうです。

行ったことがないので涎を垂らして夢を見るばかりですが、行ったことのある人の話を聞くとめちゃくちゃそそられます。

なんでも、適当な仕掛けに冷凍サバを刺して、でごっつい竿と道糸で船から垂らせば、釣りを始めたばかりの人でも10kgぐらいまでのいろんな魚が簡単に釣れるとか。


でも、さすがに10kgを超えちゃうと厳しいみたいですね。

私が今までに他人が釣っているのをまじかで見た経験の中で((笑))最大のものは30kgオーバーのモロコですが、剛竿がUの字に折れ曲がっていました。

釣り歴10年以上のベテラン釣り師が必死の形相で釣り上げていました。


・・・・そういうバカでかいサイズの大物の魚ってどんな味がするのかと思ったら、京都の居酒屋で食べることができたりするようです。


見た目ウオッ! 珍魚 産地直買い付け 京の仲卸業者、50種扱う

8月26日9時29分配信 京都新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090826-00000002-kyt-l26

 京都市中央卸売市場第一市場(下京区)内の鮮魚仲卸業者が、市場に出回らない珍しい魚を産地から買い付け、独自の食材を求める洋食店などに卸すビジネスを広げている。消費低迷やスーパーなどの直接仕入れで市場業者が年々減少する中、「既存の魚に満足しない顧客に商品を提供し、生き残りの道を模索したい」としている。
 鮮魚仲卸「シーフーズ大谷」で、得意先の飲食店の依頼をきっかけに約3年前から市場業者が扱わない魚の仕入れを本格化。アオハタや体長3メートルのタカアシガニなど、見た目が醜かったり、大きすぎて市場受けしない魚や、京都でなじみが薄く入荷しない魚を常時約50種類扱っている。
 仕入れは独自に長崎県・五島列島や高知県、宮城県などの網元、仲卸業者から直接買い付ける。多彩な品ぞろえで売り先は京都市内から広島や長野、埼玉などに広がり、フランス料理やイタリア料理の店が多いという。
 25日には小笠原諸島近海で捕れた体長2メートル、重さ82キロに及ぶマハタを入荷した。京都市内の居酒屋が一匹まるごと購入したという。大谷透社長は「今後もよそにない珍しい魚を仕入れ、客先を広げたい」と話している。


いいないいないな〜。

 

食べに行きたいな〜。


根魚系の白身はどれもおいしいんだけど、10kgクラスの大物の、例えばモロコの白身はそりゃああた、脂の乗りが半端じゃないですからね。

さらに筋肉の弾力感、魚ではなくて獣のような食感で、だけど味はやっぱり魚のグルタミン酸のうまみがたっぷりで。

これからは日本酒の新種がぼちぼちでてくることで、そのさわやかな味と合わせるのもいいし、ちょいと樽の匂いのついたウイスキーを嘗めながら食べるのもいいし。


最高ですよ、マハタのお造りに煮物、焼き物、アラの鍋!

く〜〜〜〜〜!

と、いうことで、今から京都に行ってきます。

格安航空券なら「e航空券.COM」

(・_・)ノ☆(*__)

スポンサードリンク
posted by osakanasan at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | クエ(モロコ)やハタのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。