スポンサードリンク

ズワイガニ、この冬は食べましたか?

ズワイガニ、この冬はもう食べましたか?
そろそろ終盤ですよ〜、食べなくていいですか〜?(笑)

私なりのズワイガニの記事は年末に書きましたが、

松葉ガニ、セイコガニ、越前ガニ、どれもおなじくズワイガニです♪カニしゃぶ最高!

そろそろまた食べたくなってきました(爆)。
いや、タラバガニでもいいんですが、

タラバガニは焼くのが1番、蒸すのが2番♪

それぞれの甘みがたまらないです。
カニはやっぱしやめられませんね。

ワタリガニも捨てがたい味があるんだよなあ。

上海ガニもめんどくさいけど美味しい。


ああ、カニが食べたいっす。。。



ズワイガニ 著 者: さなかひより

ズワイガニ。
山陰地方では松葉ガニ(オスが松葉ガニでメスはセイコガニと呼ぶ場合もある)、福井では越前ガニと呼ばれます。
分布は北海道、オホーツク海、日本海、ベーリング海、北大西洋。

毎年「解禁」というニュースが流れるとあの甘い身の味が恋しくなりますよね。

日本海では11月〜翌年の3月頃まで水揚げされます。
コウバクガニやセイコガニと呼ばれるメスはオスよりかなり小さいです。
卵を持っているメスは珍重され、未熟卵の内子を持っているものは市場では高額で取引されます。

オスはなんといっても脚肉です。
毛ガニなどと違って甲羅の身肉は少ないですが、ズワイガニのオスには脚肉がたっぷりあります。

オスの脚肉は甘くてコクがありとても美味しい上に、弾力性のある細かい繊維状の身はとても柔らかいので「カニの王様」と呼ばれます。

山陰地方の松葉ガニは11月初旬の解禁直後にとれるものが一番高価です。
大きなものは浜値で一杯5万円以上。
このクラスのものはそのまま全国に空輸され、翌日には高級料理店で調理されます。

私は以前6Lサイズの立派な松葉ガニを頂いたことがあるのですが、あの美味しさは今でも忘れられません。
カニだけでお腹いっぱいになるまで夢中で食べてしまいました。(;^_^A


お刺身、お鍋、三杯酢で食べることが多いですが、塩ゆでされたものはそのまま食べても美味しいです。
活ものや、生のものは焼くか蒸すか塩ゆでにして食べます。

私個人としては旨みを逃がさない焼きガニが一番好きです。

塩ゆでにするときは、大きなお鍋に水をたっぷり入れ、塩味を感じるぐらい(2〜3%)の塩を入れてしっかり茹でます。

生のまま冷凍されているものは鍋物にするとよい出汁がでます。

美味しいズワイガニの選び方としては、手に持った時にずっしりと重量感があるかどうか。
色がよく脚が太く肩肉がしっかりついているものは美味しいものが多いです。
そういうズワイガニは持ってみるとずっしり重量感があります。

手に持ってみて軽いものや、脚が取れているもの、肩肉のところや関節のところが黒く変色しているものは避けましょう。
もちろん「アンモニア臭」のするものや、身の色が黄色や黒っぽくなっているものもダメダメです。

ロシア産の大きなズワイガニの中には鮮度落ちしてお腹の部分が黒くなっているものや脚のおれているものもあります。
お腹の部分が黒く変色しているものは塩茹でしても食べられません。


日本で食べられるカニはいろいろありますが、やはり一番万人ウケするのはサイズの大きなズワイガニの脚肉なのかもしれないですね。




このアーティクルの元記事はこちらです。
写真も掲載しています。


ズワイガニ/「お魚!お魚!お魚!」
http://sakanablog.blog72.fc2.com/blog-entry-27.html


********************
お魚!お魚!お魚!
http://sakanablog.blog72.fc2.com/

article magic!
http://articlemagic.blog79.fc2.com/

さなかひより
********************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/



スポンサードリンク
posted by osakanasan at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33386974

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。