スポンサードリンク

ブリはハマチじゃないのだ。

ブリはハマチじゃないのだ。
って、意味わかります?(笑)



今日のお昼ご飯のメインディッシュは
ブリの照り焼きでした。

美味しくいただきました。

ブリの照り焼き

この切り身はけっこう大きなブリの一部ですね。
脂も乗っていて、なかなかよい味でした。

ブリは日本中の近海で取れますし、
昔から親しまれている魚なので、
ほとんどの人が何度も口にすることのある魚だと思います。

でも、親しみがあるだけに、養殖も盛んです。
市場に安く出回っているブリのほとんどは
養殖のハマチのやや大きめ(4〜5kg)のものだったりします。
(養殖ものはなぜかぜんぶ「ハマチ」か「ブリ」ですね。)

ほんとに「ブリ」と呼ばれるサイズだと、
7〜8kgは欲しいところですね。




関西ではブリになる以前の1kgから5kgぐらいまでは
ツバス→ハマチ→メジロなのですが、

関東ではワカシ→イナダ→ワラサ
なんて呼ばれます。

ぜんぜん違う名前ですね。
いわゆる出世魚というやつです。
見た目は一緒なのに大きさだけでわける、
外国人には理解できないそうです(笑)。


でも、切り身で食べる分には大きさなんてわかんないから
イナダの大きいのとワラサの区別は私にはわかりません。
これがワラサとブリの区別も微妙でね〜。


魚料理にこだわる居酒屋さんが
横浜は生麦の辺りにあるんですが、

そこのおやじが何も言わずに刺身を食わせて
客に

「当ててみろ」

っていう困った店主で、

それでズバッと当てると機嫌よく飲ませてくれるんですが、、、



去年行ったときに、出た刺身が

・・・ワラサかな、ブリとよんでいいかな?

う〜ん(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?、微妙だ。


天然もののブリで、脂の乗りがそこそこだったんですね。


んで、おもわず

「ワラサの大きいの!」

って答えちゃったら
機嫌が悪くなったのなんのって・・・(^^;)

頭持ってきて

「これがワラサにみえんのかおめぇは!」


・・・・はい、すみません、ブリの頭です。



次に行ったらドチザメの刺身食わされました。




あれ?ブリの話が脱線してるよ、おい。
落語じゃねえって。(笑)


お後がよろしいようで。




ブリ 著 者: さなかひより

ブリ。
アジ科の魚です。
日本各地に分布する日本近海の特産魚で釣り期は秋〜冬。

出世魚として有名ですよね。
関東では「ワカシ」→「イナダ」→「ワラサ」→「ブリ」
関西では「ツバス」→「ハマチ」→「メジロ」→「ブリ」
と呼ばれています。
それぞれの呼び名のサイズ規定は微妙で、ブリと呼ばれるものは全長が1M以上のものか10キロ以上のものとなっている地域が多いです。

相模湾では毎年8月になると「ワカシ釣り」が解禁になります。
竿釣りはもちろんですが、カッタクリという手釣りの道具を使って釣る人もいます。


ただこの時期の「ワカシ」は脂ののりが少ないので、見た目こそブリの小型ですが味のほうは超あっさり。(;^_^A
50センチほどに育った秋の「イナダ」になると脂ものって美味しくなります。

釣り人の間では毎年「ワラサ」がいつ回遊してくるのかが大問題。(笑)
秋(早いと晩夏)になると、ワラサの群れが今どこにいるのかの情報があちこちで飛び交います。
ワラサは群れにさえ当たれば簡単に釣れるのですが、回遊している魚なだけにタイミングが全て。
昨日は釣れてたのに今日はさっぱりというパターンの典型的な魚です。

関東近郊の釣り人にとっては東京湾の剣崎沖にワラサがやってくるのが一番の狙い時。
「剣崎ワラサフィーバー」が始まると、剣崎の船宿さんはのきなみ満員御礼。
前日の夜に行っても駐車場にすら入れない状況になります。(;^_^A

あの強烈な引きを一度体験すると誰でも病みつきになるんだと思います。
私の場合、もちろん電動リールを使用しますが、それでも3匹あげたら次の日は腕が筋肉痛で大変です。(笑)

冬の脂ののったブリは「寒ブリ」と呼ばれます。
特に日本海の能登〜新潟にかけての海でとれる寒ブリ(氷見ブリは有名ですよね)は他の地域のものより断然人気があります。

あまり知られていませんが、函館近海で9月頃からとれるブリも日本海の寒ブリに勝るとも劣らない美味しいブリ。
脂がのっているのはもちろん、養殖モノにはみられない身の締まりが最高です♪

美味しいブリ(ワラサ・メジロ)の見分け方としては、スタイルの悪いものというのがポイント。(笑)
頭が小さく、胴が丸く太っていて、ずんぐりむっくりなものです。
小さな鱗がしっかりついていて、全体に張りのあるものが鮮度のよいものです。

体色は背が濃い緑色で体側は淡い緑色、体側に見える黄色の帯線がくっきりみえるものを選びましょう。
体表のぬめりはかなり多い魚ですが、鮮度落ちすると白濁してきます。

身肉は、あぶらののっている時期は白とあめ色をあわせたような透明感があります。
背側の身肉は赤身が強いです。


料理法はお刺身、寿しねた、焼き物、煮物、椀物、鍋物となんでも美味しく食べられます。
その中でも私の一押しはしゃぶしゃぶ。
薄くスライスしたブリの身のしゃぶしゃぶは程よく脂がおちて、お刺身で食べるよりたくさん食べられます。(*^-^*)
鮮度のよいブリを一本買いした時は是非チャレンジして下さいね。

ブリの近縁種にヒラマサという高級魚がいます。
総漁獲量はヒラマサは圧倒的に少ないのですが、ブリとヒラマサは見た目にとてもよく似ていて素人目には区別はつきにくいです。

見分け方としては・・・「顔」が違う!
ブリよりヒラマサのほうが精悍な顔立ちをしています。(爆)
って釣り人に聞くとみんなそう言うんですけどねぇ。(;^_^A

一番わかり易い違いは、口の端っことヒレです。
上アゴの上後端の形がヒラマサは丸くなっていて、ブリは角張っています。
ヒレは、ヒラマサは腹ビレより胸ビレのほうが少し短いのですが、ブリは腹ビレと胸ビレの長さがほぼ同じです。

ブリと書かれて売られている魚がもしヒラマサだったら、その時は超ラッキー♪
お店の人がブリだと思い込んでるうちにサクサク買っちゃいましょう。ヾ( ̄ー ̄;)ォィォィ



このアーティクルの元記事はこちらです。
写真も掲載しています。

ブリ/「お魚!お魚!お魚!」
http://sakanablog.blog72.fc2.com/blog-entry-40.html


********************
お魚!お魚!お魚!
http://sakanablog.blog72.fc2.com/

article magic!
http://articlemagic.blog79.fc2.com/

さなかひより
********************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/



スポンサードリンク
posted by osakanasan at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33507830

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。