スポンサードリンク

お寿司食べてきました♪

しばらく更新していませんでした。

どうもすみません。(*- -)(*_ _)ペコリ

ちょっとほかの事で忙しかったものですから
ブログがおざなりになっていて失礼しました。

で、今日はお魚と言えばお魚話題だけど、日記です(笑)。


ひさしぶりに家族でお寿司を食べてきました。

最近は家族がみんな行動がばらばらなので、
予定の18時20分に到着したのは高校生の長男と私だけでした。

家内は服の買い物そのほか。
中学生の次男は部活の試合でちょっと遅れる。


ということで長男と二人でにぎってもらうことにしました。
あ、その前にお通しは

マグロの中落ちに白髪ねぎ、それとシッタカの煮たのでした。

「シッタカ」ってご存知ですか?
関東の寿司屋ではポピュラーな巻貝で、
真横から見たら段差のない綺麗な正三角形、
あるいはちょっとつぶれた三角形に見えるものです。

醤油で煮て、爪楊枝でほじりだしていただきます。
かすかなほろ苦味と磯の香りが酒肴にぴったりです。
正式名称は「バテイラ」のようです。

腹足綱前鰓亜綱古腹足目ニシキウズガイ科 バテイラ
Omphalius pfeifferi pfeifferi

私自身は九州生まれの西日本育ちなので、
この貝を食べるようになったのは関東に来てからです。
とはいっても、九州でも、子供のころに海水浴に行くと、
帰りしなに岩場や飛び込み台の足についている巻貝を集めてきて、
醤油で煮てもらって食べたものですが、それと同じ味わいです。

九州の海にはこの貝はいなかったか、少なかっただけですね。
岩場の小さな巻貝の上の貝になると、
バイ貝の方がメジャーでしたからね。


おっと脱線、と言うかシッタカの話長すぎたし。(笑)



で、にぎりは適当にはじめていただきました。
にぎりセットは注文しておいて、
そこにないものということではじめたので、

まず、
キンメダイ。
カジキマグロ。
キンキ。
富山のしろ海老。
シラスにさくらえびのでんぶ。

てな流れでした。

お酒は八海山です。それから出羽桜。
どちらもぜんぜんタイプが違うけど、
寿司の時はいつもこの辺を飲んでます。
さすがに外ですから息子はお茶です。ヾ(- -;)

で、意外に美味しかったのが
富山のしろ海老でした。
実は初めて食べたのですが、
軽い甘さで、上品な海老の風味がいいですね。

キンキの濃厚な味の後だったから
余計に印象的でした。

富山のしろえびについて、ちょっと調べてみました。



甘エビによく似た小さな海老です。

こんな説明がされていました。

♪♪ミソたぁっぷり♪♪
お刺身でも食べられる新鮮さ
学名は【クロザコエビ】。
地方によりモサエビ、サクラエビ、シロトラエビとも呼ばれます。

白えび

身が甘く、ミソが多いのが特徴!!
☆☆☆☆☆
身はお造りにして、残った頭はお味噌汁を
楽しむのもオススメです(*^∀^*)

う〜ん、なんだかよくわかんないけど、
シッタカの場合と同じで、
白海老は通称みたいですね。

あっさり目の甘エビ、と思ってもらったらいいでしょうか。

なかなかほんと、美味しいですよ。


おすしの話は次回に続きます。(笑)

スポンサードリンク
posted by osakanasan at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。