スポンサードリンク

マグロの漁法は何が適切なのか?

マグロの漁法は何が適切なのか?
そんなことをここで議論しても始まらないのかもしれないけれども
まあ、行きがかり上(笑)。



日本から発信されて世界中で使われているマグロ漁法では
延縄漁(はえなわ漁)というのがあります。

マグロの釣り方 〜延縄釣り〜

江戸時代に千葉・房総半島で始まったとされる「はえ縄漁」は、
海中の深部を回遊するクロマグロやメバチマフロなどの
大型魚を狙うもので、今や世界中のマグロ漁業者が活用してます。

取った魚の身が崩れにくいため
刺し身用のマグロの捕獲に適しているのです。
つまり高く売れるわけだですね。


これに対し、発展途上国を中心に最近増えているのが、
「巻き網漁」。

マグロを網で捕まえる

こちらは海中の浅いところを回遊する比較的小さな個体を狙います。
でかいクロマグロだと網、破れるしね(爆)。
キハダマグロやカツオが狙いで、一網打尽ってやつですね。
こちらは魚体が痛むので、主に缶詰用として出荷されます。



漁獲規制をめぐる国際会議では、
この2つの漁法がしばしば対立してきました。

エサにマグロが食らいつくのを待つのがはえ縄漁です。
網で一気にすくい上げる一網打尽なのの巻き網漁です。

はえ縄が1日1トンも取れないのに対し、
巻き網の漁獲量は多いときには1日200トンにも上ります。


この書き方だけを見ると巻き網漁は好ましくない感じですね。
はえ縄漁法の擁護側が
「巻き網は親になる前の魚を取るので、資源は先細りになる」
と批判するのも納得なのですが、
巻き網漁法擁護側の理屈は
「はえ縄は親の魚を取るので、(ターゲットの)子供が生まれない」
といった感じで、議論はかみ合わないです。


クロマグロやメバチマグロも、魚体が小さく若いうちは浅いところを泳ぐ。巻き網漁は集魚装置(FADs)で魚を集めて一気に取るので、クロマグロなども取れてしまう。巻き網漁はすべきではない!
と言う意見。

(゜ー゜;)(。_。;)(゜-゜;)(。_。;)ウンウン

巻き網側はそもそも若い魚は自然減少率が高いという科学的データを基に、「若いマグロを大量に取っても資源に与える影響は少ない」と反論している。巻き網漁による漁獲量が近年急増していることについても、「刺し身と缶詰で市場規模が違うことが原因」と説明している。

(○ ̄ 〜  ̄○;)ウーン・・・


う〜ん、どうなんでしょう?
どちらにしろ、総量規制が大切ですよね。

日本にも巻き網量のマグロ漁船はありますが、
35隻に制限されています。その上、枠は1万5000トン。

これに対して海外は900隻以上で事実上野放し操業。


日本が輸出入に制限をかければ市場が反応していた昔と異なり、
今では中国をはじめとする世界中でマグロ食がブームで、
市場は日本以外に山ほどあるのです。
捕れば売れる。高く売れる。

貧しい人たちが豊かになりたいからとめちゃくちゃやっている。
これと同じことを欧米も日本も繰り返してきたわけです。
われわれは振り返って批判や制限する余裕がありますが、
明日の食費を求める彼らに世界資源保護を訴えてもなかなか伝わらない。

どうするのがいいのでしょうね。。。

スポンサードリンク
posted by osakanasan at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | マグロの雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36815186

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。